自動車保険とは、交通事故で怪我を負わせてしまった相手の治療費や、自分の治療費、壊れた車などの修理代を、契約した保険の上限金額を限度に保険会社が支払ってくれるもので、保険加入が義務の自賠責保険と保険加入が任意の任意保険の2種類があります。
自賠責保険だけでは賠償金額が不足する場合が多いので、任意保険に加入するのが一般的になっています。
自賠責保険の補償内容は、被害者が受けた損害の内容によって支払限度額が決められていて、傷害の場合は、治療費や通院交通費など被害者1名につき120万円が上限となります。
後遺障害による損害の場合は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われますが、常時介護必要な場合は4000万円、随時介護が必要な場合は3000万円、これら以外は1級から14級の後遺障害レベルで3000万円(1級)~75万円(14急)が上限で、被害者1名につき支払われます。
死亡による損害の場合は、葬儀費や逸失利益、慰謝料などが、被害者1名につき3000万円が支払われます。
交通事故では、自賠責保険でカバーできない場合に、任意保険から保険金が支払われる仕組みになっています。
任意保険はあくまで任意ですから、保証内容も個々の保険契約で異なり、同じ保険料でも各保険会社によって保証内容が異なります。
一般に保険料が高くなれば、支払われる保険金や、保証される範囲が広くなります。}PgžxQ