» 未分類のブログ記事

車両保険の必要性

| 未分類 |

自動車保険にはさまざまな種類がありますが、メインとなっているのは対人賠償責任保険、対物賠償責任保険とよばれる、自動車事故の被害者に対する損害賠償金の支払いをおもな目的とする保険です。
こうした保険では、相手のケガの治療費や死亡の際の葬儀代、その他の慰謝料、車両の修理費といったものを負担することができますが、自分の車の修理費などはいっさい補償されません。
このため、自分の車の被害に対する保険金を得る目的で利用できる自動車保険としては、車両保険とよばれるもの以外には存在していないため、特に高級車や新車といった、価値の高い自動車を運転している人にとっては、加入の必要性が高い保険であるといえます。
この保険では、相手がある事故の際の修理費用のほかにも、電柱に激突するなどの自損事故による修理費用や、子供のいたずらによる車体のキズの補修、車両の盗難による被害、火災や水害などの自然災害といったものによる費用も補償の対象となります。
もしこうした補償がなかった場合、多額の費用がすべて自己負担となってしまいますので、いざというときに役に立ちます。
欠点としては保険料が高いということが挙げられますが、補償範囲を限定して保険料を安くしたエコノミータイプなどの種類もあります。テクスチャー07

人身傷害補償保険は、被保険自動車の搭乗者が、被保険自動車の運行に起因して受傷した場合に補償されるものです。加害者の有無は関係ないので、単独事故で運転者が受傷したり、当て逃げされて受傷した場合も支払われます。また、車同士の事故で加害者がいる場合は、通常加害者の対人賠償保険で支払われますが、人身傷害保険から支払ってもらうことも可能です。ただし、対人賠償保険と重複する部分は、ダブルではもらえません。基本的には、対人賠償保険と人身傷害保険とを比較して多い金額がもらえることになります。加害者と示談の成立後、加害者の保険会社から書類をもらって人身傷害保険の保険会社へ提出すれば支払える額を計算してくれます。その結果、人身傷害保険の方が多い場合は、相手の保険会社から支払ってもらった額との差額を支払ってもらえます。被害者に過失がある場合は支払ってもらえる可能性が高くなります。また、特約を付ければ、車に乗っていないときの交通事故も支払対象になります。保険会社によっては、自転車や電車、航空機等の交通機関での事故でも支払対象になる商品を販売しています。保険金の計算方法は、車に乗っている時と同じ方法になります。テクスチャー06

搭乗者傷害補償保険というのは、保険契約をしている自動車に搭乗していた人が、自動車事故によってケガをしたり、死亡したりした場合に、必要な補償を受けられるという内容の自動車保険です。
この保険で搭乗者として補償の範囲に含まれるのは、自動車の助手席や後部座席に乗っていた人とともに、運転者自身も該当しています。このあたりは事故の被害者側の救済を主目的としている強制保険の自賠責保険などとは異なるところです。
また、一般的な自動車保険では、過失割合によって保険金が減額されたりすることがありますが、この保険は過失割合にかかわらず、あらかじめ定められた範囲の保険金が支払われるというところも特徴といえます。
保険金を支払う基準としては、ケガの部位や症状別に決められていることが多く、例えば部位が頭部で、症状が打撲であれば5万円という、一律の金額となっているため、請求してから支払いまでの期間はきわめて迅速です。
そのいっぽうで、この保険の補償範囲から外れてしまう場合というのももちろん存在しており、例えば、自動車の窓から体を大きくせり出して乗る、いわゆる「ハコ乗り」のような違法な乗り方であった場合には、いくら搭乗者であるといっても保険金は支払われません。テクスチャー05

無保険車傷害保険というのは、交通事故によって被害を受け、相手の自動車が無保険車であった場合について、必要な補償が行われる自動車車保険の一種です。
この保険が適用される条件としては、相手が任意保険に加入しておらず充分な損害賠償が得られない場合、相手が任意保険に加入しているもののその保険金だけでは損害賠償額には届かない場合、相手が任意保険に加入しているものの年齢条件特約などの影響で保険金が支払われない場合、ひき逃げや当て逃げで相手が誰であるか特定ができない場合、といったものが挙げられます。
ただし、この保険はこれらの条件を満たせばすべての場合について保険金が支払われるというわけではなく、さらに細かな限定が設けられています。例えば、事故の被害が死亡または後遺障害といった、重大なものである場合に限られるということです。したがって、完治するようなケガであれば対象とはなりませんので、自賠責保険による保険金の最高120万円しか得ることができないということになります。また、加害者が負担すべき損害賠償金のなかでも、自賠責保険による保険金などの金額を超える部分についてのみの支払いとなるなど、他の補償が優先されるということも挙げられます。テクスチャー04

自損事故保険の内容

| 未分類 |

自動車事故というのは相手があるのが一般的ですが、常にそのことが成り立つとは限りません。例えば、急カーブでハンドル操作を誤ってガケから転落した場合や、道路沿いの電柱にぶつかってしまったといった場合があります。
こうした場合、すべての自動車が強制加入させられている自賠責保険では、同乗していた人については他人であるために補償がされますが、運転していた本人にケガや死亡といった被害があった場合でも、補償の対象とはなりません。
また、自賠責保険では救済ができない被害者のために、政府保障事業制度とよばれるものが用意されていますが、こちらも基本的にはひき逃げのように加害者がわからず保険の請求ができない場合、無保険車などで加害者に資力がなく損害賠償ができない場合を想定したものですので、ドライバーには保護が及びません。
こうした場合に備えて、ドライバー自身を最低限守るための保険が、自損事故保険とよばれるものです。この保険では、ドライバーみずからの責任で起こした相手のない自動車事故によって、ケガや後遺障害、死亡といった被害があった場合に、所定の保険金が支払われます。この保険は一般的な自動車保険にパッケージとして含まれているもので、特に申し込みは不要です。テクスチャー03

損害保険会社で取り扱っている任意の自動車保険は、固定されたメニューしかない強制保険である自賠責保険とは異なり、契約者自身がさまざまなメニューからニーズに合った内容のものを組み合わせて契約するものです。
そのようななかでも、自分や同乗者への補償が受けられるメニューとしては、人身傷害保険や搭乗者傷害保険とよばれるものがあります。
人身傷害保険のほうは、契約している自動車に乗車中の人が事故で死亡、後遺障害またはケガといった損害を受けた場合を中心として、過失割合に関係なく、実際の損害額に対して保険金が支払われるというものです。記名被保険者やその家族などについては、必ずしも乗車中ではなくても、歩行中や自転車の乗車中などの自動車事故についても保険金が支払われることになっています。
搭乗者傷害保険のほうも、やはり契約中の自動車に乗車中の事故による死傷について、保険金が支払われるものですが、多くは部位・症状別にあらかじめ保険金の金額が決められているため、スピーディーに受け取ることができ、当座の治療費などに充てられるという特徴をもっています。ただし、契約内容によっては一時金として支払われるタイプのものもあります。テクスチャー02

対物賠償保険

| 未分類 |

対物賠償保険というのは、自動車事故によって第三者の財物に損害を与えてしまった場合について、その損害賠償に充てるための費用を補償してもらえる自動車保険のことをいいます。
同じく第三者の損害でも、ケガや死亡といった人身にかかわる損害の賠償に充てる対人賠償保険とはセットで申し込みをすることが多いといえます。
この保険が適用されるケースというのは、例えば、不注意で相手の乗っていた自動車に衝突してしまい、その修理費用の弁償を求められたとか、または道路沿いのガードレールに衝突して、道路管理者である自治体から弁償を求められたといった場合が代表的なものです。
このように物そのものにかかわる損害のほかにも、営業中の店舗に自動車が突っ込んだため、建物を補修して営業を再開するまでの期間の営業損失の補てんを求められるといった、間接的な被害についても補償の対象となっています。
すべての自動車が加入させられている強制保険としての自賠責保険も別にありますが、自賠責保険ではあくまでも人に対する補償はしても、物に対する補償は行われないという原則になっているため、いざというときのことを考えて、この保険に加入する価値は高いということがいえます。テクスチャー01

対人賠償保険

| 未分類 |

対人賠償保険というのは、自動車を運転中の事故で相手にケガをさせたり、死亡させたりした場合について、その損害賠償額が自賠責保険による保険金の金額を超えてしまう部分を補償するための自動車保険のことをいいます。
自動車事故で他人を死傷させた場合、億単位で損害賠償を求められるケースも少なくはなく、自賠責保険による保険金だけではどうしても不足が生じてしまうため、数ある自動車保険のメニューのなかでも特に加入の必要性が高いものです。
この保険は、基本的には保険証券に名前が明記されている記名被保険者、その配偶者、家族などの身内は対象外となっており、もっぱら他人の人的な損害についてを補償するためのものとなっています。
また、支払われる保険金の金額については、保険金額とよばれる上限の範囲内で、事実関係の調査などを経た上で決められることになりますが、過失割合によって大きく減額されることもあります。
この過失割合というのは、事故の当事者がどれだけ過失があったのかを示す数字のことで、後ろから追突するようなもらい事故でもない限り、双方にいくらかの過失割合が割り当てられるのが一般的です。
なお、この保険は被害者保護が大前提の保険ですので、運転手に無免許運転や酒気帯び運転のような過失があった場合であっても、他の保険とは異なり、補償の対象となるのが通例です。木目02

自動車保険というのは、さまざまな補償内容をもった個別の保険契約から成り立っているものですが、そのなかでも第三者に対しての損害賠償に充てることを目的としているのは、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険という種類のメニューです。
対人賠償責任保険は、自動車の運行にともなう事故を起こしてしまい、他人にケガ、後遺障害、死亡のいずれかの損害を与えてしまった場合に、保険金額の範囲内での保険金が支払われるというものです。
同様のケースでは、強制加入となっている自賠責保険のほうからも保険金が支払われますが、被害者死亡の場合は最高額3,000万円まで、単なるケガであれば120万円までの保険金しか下りない決まりとなっています。
このように、自賠責保険では数千万円から数億円にも上る可能性がある損害賠償責任をまかないきれないことから、対人賠償額を無制限とした対人賠償責任保険への加入が望ましいといえます。
いっぽう、対物賠償責任保険というのは、同じ第三者への賠償であっても、物に対する直接・間接の損害に対応することがメインの目的となっています。
これには事故の相手の車両の修理費のほかにも、営業している店舗に自動車を衝突させたときの休業中の営業損失補てんのようなものまでが含まれることになっています。木目01