自動車保険というのは、さまざまな補償内容をもった個別の保険契約から成り立っているものですが、そのなかでも第三者に対しての損害賠償に充てることを目的としているのは、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険という種類のメニューです。
対人賠償責任保険は、自動車の運行にともなう事故を起こしてしまい、他人にケガ、後遺障害、死亡のいずれかの損害を与えてしまった場合に、保険金額の範囲内での保険金が支払われるというものです。
同様のケースでは、強制加入となっている自賠責保険のほうからも保険金が支払われますが、被害者死亡の場合は最高額3,000万円まで、単なるケガであれば120万円までの保険金しか下りない決まりとなっています。
このように、自賠責保険では数千万円から数億円にも上る可能性がある損害賠償責任をまかないきれないことから、対人賠償額を無制限とした対人賠償責任保険への加入が望ましいといえます。
いっぽう、対物賠償責任保険というのは、同じ第三者への賠償であっても、物に対する直接・間接の損害に対応することがメインの目的となっています。
これには事故の相手の車両の修理費のほかにも、営業している店舗に自動車を衝突させたときの休業中の営業損失補てんのようなものまでが含まれることになっています。木目01