無保険車傷害保険というのは、交通事故によって被害を受け、相手の自動車が無保険車であった場合について、必要な補償が行われる自動車車保険の一種です。
この保険が適用される条件としては、相手が任意保険に加入しておらず充分な損害賠償が得られない場合、相手が任意保険に加入しているもののその保険金だけでは損害賠償額には届かない場合、相手が任意保険に加入しているものの年齢条件特約などの影響で保険金が支払われない場合、ひき逃げや当て逃げで相手が誰であるか特定ができない場合、といったものが挙げられます。
ただし、この保険はこれらの条件を満たせばすべての場合について保険金が支払われるというわけではなく、さらに細かな限定が設けられています。例えば、事故の被害が死亡または後遺障害といった、重大なものである場合に限られるということです。したがって、完治するようなケガであれば対象とはなりませんので、自賠責保険による保険金の最高120万円しか得ることができないということになります。また、加害者が負担すべき損害賠償金のなかでも、自賠責保険による保険金などの金額を超える部分についてのみの支払いとなるなど、他の補償が優先されるということも挙げられます。テクスチャー04