車両保険の必要性

| 未分類 |

自動車保険にはさまざまな種類がありますが、メインとなっているのは対人賠償責任保険、対物賠償責任保険とよばれる、自動車事故の被害者に対する損害賠償金の支払いをおもな目的とする保険です。
こうした保険では、相手のケガの治療費や死亡の際の葬儀代、その他の慰謝料、車両の修理費といったものを負担することができますが、自分の車の修理費などはいっさい補償されません。
このため、自分の車の被害に対する保険金を得る目的で利用できる自動車保険としては、車両保険とよばれるもの以外には存在していないため、特に高級車や新車といった、価値の高い自動車を運転している人にとっては、加入の必要性が高い保険であるといえます。
この保険では、相手がある事故の際の修理費用のほかにも、電柱に激突するなどの自損事故による修理費用や、子供のいたずらによる車体のキズの補修、車両の盗難による被害、火災や水害などの自然災害といったものによる費用も補償の対象となります。
もしこうした補償がなかった場合、多額の費用がすべて自己負担となってしまいますので、いざというときに役に立ちます。
欠点としては保険料が高いということが挙げられますが、補償範囲を限定して保険料を安くしたエコノミータイプなどの種類もあります。テクスチャー07