対物賠償保険

| 未分類 |

対物賠償保険というのは、自動車事故によって第三者の財物に損害を与えてしまった場合について、その損害賠償に充てるための費用を補償してもらえる自動車保険のことをいいます。
同じく第三者の損害でも、ケガや死亡といった人身にかかわる損害の賠償に充てる対人賠償保険とはセットで申し込みをすることが多いといえます。
この保険が適用されるケースというのは、例えば、不注意で相手の乗っていた自動車に衝突してしまい、その修理費用の弁償を求められたとか、または道路沿いのガードレールに衝突して、道路管理者である自治体から弁償を求められたといった場合が代表的なものです。
このように物そのものにかかわる損害のほかにも、営業中の店舗に自動車が突っ込んだため、建物を補修して営業を再開するまでの期間の営業損失の補てんを求められるといった、間接的な被害についても補償の対象となっています。
すべての自動車が加入させられている強制保険としての自賠責保険も別にありますが、自賠責保険ではあくまでも人に対する補償はしても、物に対する補償は行われないという原則になっているため、いざというときのことを考えて、この保険に加入する価値は高いということがいえます。テクスチャー01