対人賠償保険

| 未分類 |

対人賠償保険というのは、自動車を運転中の事故で相手にケガをさせたり、死亡させたりした場合について、その損害賠償額が自賠責保険による保険金の金額を超えてしまう部分を補償するための自動車保険のことをいいます。
自動車事故で他人を死傷させた場合、億単位で損害賠償を求められるケースも少なくはなく、自賠責保険による保険金だけではどうしても不足が生じてしまうため、数ある自動車保険のメニューのなかでも特に加入の必要性が高いものです。
この保険は、基本的には保険証券に名前が明記されている記名被保険者、その配偶者、家族などの身内は対象外となっており、もっぱら他人の人的な損害についてを補償するためのものとなっています。
また、支払われる保険金の金額については、保険金額とよばれる上限の範囲内で、事実関係の調査などを経た上で決められることになりますが、過失割合によって大きく減額されることもあります。
この過失割合というのは、事故の当事者がどれだけ過失があったのかを示す数字のことで、後ろから追突するようなもらい事故でもない限り、双方にいくらかの過失割合が割り当てられるのが一般的です。
なお、この保険は被害者保護が大前提の保険ですので、運転手に無免許運転や酒気帯び運転のような過失があった場合であっても、他の保険とは異なり、補償の対象となるのが通例です。木目02