搭乗者傷害補償保険というのは、保険契約をしている自動車に搭乗していた人が、自動車事故によってケガをしたり、死亡したりした場合に、必要な補償を受けられるという内容の自動車保険です。
この保険で搭乗者として補償の範囲に含まれるのは、自動車の助手席や後部座席に乗っていた人とともに、運転者自身も該当しています。このあたりは事故の被害者側の救済を主目的としている強制保険の自賠責保険などとは異なるところです。
また、一般的な自動車保険では、過失割合によって保険金が減額されたりすることがありますが、この保険は過失割合にかかわらず、あらかじめ定められた範囲の保険金が支払われるというところも特徴といえます。
保険金を支払う基準としては、ケガの部位や症状別に決められていることが多く、例えば部位が頭部で、症状が打撲であれば5万円という、一律の金額となっているため、請求してから支払いまでの期間はきわめて迅速です。
そのいっぽうで、この保険の補償範囲から外れてしまう場合というのももちろん存在しており、例えば、自動車の窓から体を大きくせり出して乗る、いわゆる「ハコ乗り」のような違法な乗り方であった場合には、いくら搭乗者であるといっても保険金は支払われません。テクスチャー05