損害保険会社で取り扱っている任意の自動車保険は、固定されたメニューしかない強制保険である自賠責保険とは異なり、契約者自身がさまざまなメニューからニーズに合った内容のものを組み合わせて契約するものです。
そのようななかでも、自分や同乗者への補償が受けられるメニューとしては、人身傷害保険や搭乗者傷害保険とよばれるものがあります。
人身傷害保険のほうは、契約している自動車に乗車中の人が事故で死亡、後遺障害またはケガといった損害を受けた場合を中心として、過失割合に関係なく、実際の損害額に対して保険金が支払われるというものです。記名被保険者やその家族などについては、必ずしも乗車中ではなくても、歩行中や自転車の乗車中などの自動車事故についても保険金が支払われることになっています。
搭乗者傷害保険のほうも、やはり契約中の自動車に乗車中の事故による死傷について、保険金が支払われるものですが、多くは部位・症状別にあらかじめ保険金の金額が決められているため、スピーディーに受け取ることができ、当座の治療費などに充てられるという特徴をもっています。ただし、契約内容によっては一時金として支払われるタイプのものもあります。テクスチャー02