人身傷害補償保険は、被保険自動車の搭乗者が、被保険自動車の運行に起因して受傷した場合に補償されるものです。加害者の有無は関係ないので、単独事故で運転者が受傷したり、当て逃げされて受傷した場合も支払われます。また、車同士の事故で加害者がいる場合は、通常加害者の対人賠償保険で支払われますが、人身傷害保険から支払ってもらうことも可能です。ただし、対人賠償保険と重複する部分は、ダブルではもらえません。基本的には、対人賠償保険と人身傷害保険とを比較して多い金額がもらえることになります。加害者と示談の成立後、加害者の保険会社から書類をもらって人身傷害保険の保険会社へ提出すれば支払える額を計算してくれます。その結果、人身傷害保険の方が多い場合は、相手の保険会社から支払ってもらった額との差額を支払ってもらえます。被害者に過失がある場合は支払ってもらえる可能性が高くなります。また、特約を付ければ、車に乗っていないときの交通事故も支払対象になります。保険会社によっては、自転車や電車、航空機等の交通機関での事故でも支払対象になる商品を販売しています。保険金の計算方法は、車に乗っている時と同じ方法になります。テクスチャー06