自損事故保険の内容

| 未分類 |

自動車事故というのは相手があるのが一般的ですが、常にそのことが成り立つとは限りません。例えば、急カーブでハンドル操作を誤ってガケから転落した場合や、道路沿いの電柱にぶつかってしまったといった場合があります。
こうした場合、すべての自動車が強制加入させられている自賠責保険では、同乗していた人については他人であるために補償がされますが、運転していた本人にケガや死亡といった被害があった場合でも、補償の対象とはなりません。
また、自賠責保険では救済ができない被害者のために、政府保障事業制度とよばれるものが用意されていますが、こちらも基本的にはひき逃げのように加害者がわからず保険の請求ができない場合、無保険車などで加害者に資力がなく損害賠償ができない場合を想定したものですので、ドライバーには保護が及びません。
こうした場合に備えて、ドライバー自身を最低限守るための保険が、自損事故保険とよばれるものです。この保険では、ドライバーみずからの責任で起こした相手のない自動車事故によって、ケガや後遺障害、死亡といった被害があった場合に、所定の保険金が支払われます。この保険は一般的な自動車保険にパッケージとして含まれているもので、特に申し込みは不要です。テクスチャー03